上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弟「以前、原油価格が高騰したけれど、何か理由はあるの?」
姉「イラク戦争など、引き金になったものはあるけれど、投機家の資金流入があげられるわね。」
弟「投機家?投資家とは違うの?」
姉「投機家っていうのは、買った価格と売った価格の差で儲けている人のことを言うのよ。」
弟「100円で買った物を150円で売って、50円儲けるということだね。この50円の儲けはキャピタルゲインっていうんだよね。」
姉「よく知っているね。石油も100円で買った人が120円、120円で買った人が140円と、次々に売り買いを繰り返しているから高騰しているのよ。」
弟「投資家と投機家の違いってあるの?」
姉「最大の違いは生産性があるかないかね。」
弟「生産性ってどういうこと?」
姉「投資は、たとえば新規発行株式を買ったとして、企業がお金を得ることができるよね。そのお金で生産機械を買ったら、どうなると思う?」
弟「そうか。新しい機械を買えば、作れる量が増えるね。」
姉「それが生産性ね。それに対して投機は、たとえば適正価格が100円のものが50円に下落したから、これを買いました。すると、150円に値上がりしたらどうなる? 」
弟「100円儲かったね。するとこの100円分所得が上がるんじゃないの?」
姉「確かにこの人は100円儲かったわね。けれど、この人にものを売った人は100円のものを50円で売ったので-50円。この人から買った人は100円のものを150円で買ったので-50円損をしているのよ。」
弟「すると合計は-100円で、利益を得た分損をしている人がいるから、所得自体は全体的には変わっていないんだね。」
姉「よく気づいたね。ここで言えることは、投機家が利益を得ている金額と同じだけ損をしている人がいると云うことよ。」
弟「けれど、どうして原油は100円のものを120円で買うのかな?」
姉「120円で買っても140円で売れると思うからよ。140円の人は160円で売れると思って買いこむのよ。」
弟「すると原油はどんどん値上がりするね。」
姉「ところがそうでもないのよ。電気自動車など、新技術による石油の需要の低下などで、いつかは崩壊すると思うわよ。そうすると、最後にババを掴んだ人が死ぬという訳ね。」
弟「バブル経済と同じだね。一部の人が投機によって大儲けしてベンツやキャデラックを買っているかと思えば、日々のガソリン代に苦労している人も居るって、どこかおかしいね。」
姉「そうね。自分さえよければ良い。そういう社会全体を考えられない人が増えたのかもしれないわね。貴方はそういう大人にならないために、一生懸命に勉強しようね。」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://economicnewsdesu.blog36.fc2.com/tb.php/5-8d36115e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。